Home > 提供サービス > 組織診断『IIOSS』

組織診断『IIOSS』

 

組織診断から事業変革までの流れ

組織診断「IIOSS」

変化の激しい時代、人と組織の変革による持続的成長をはかるために、
人と組織の本質的な問題を炙り出し、チームとしての意思決定を支援する診断サービスです。

組織診断が役立つ場面

  • 組織にどういう能力が足りていないか、育成・強化すべき能力を確認するとき
  • 事業の立ち上げに成功し、組織づくりを進めて規模拡大を狙うとき
  • 成長期の慢心を払拭し、企業としての襟を正したいとき
  • 権限移譲・役割分担を進め、経営者目線を社内に浸透させたいとき
  • 新たな事業計画をスタートする前に、迷いを払拭し議論を収束させておきたいとき
  • 第2のサービスを既存事業に加え、新たな組織能力を養うべきとき
  • 新規事業を牽引する人物を社内から発掘したいとき
  • 第2の創業として、目指す方向を定め直すとき
  • 事業継承による新旧のコンフリクトを調和させるとき
  • M&Aによる組織課題・文化の違いを融合させるとき
  • 組織再編を行い、仕事と本人の強みのミスマッチを解消するとき

組織診断サービスIIOSS*の概要

  1. OP:オーガニゼーションプロファイラー
    企業は成長ステージによって「あってしかるべき問題」と「解決されているべき問題」がありますが、本来解決されているべきだが残っている問題、見過ごされている問題を見つけることができます。人、もの、金、組織構造、など10の視点から経営全体の診断をし、次の成長ステージに移行するために解決すべき課題・成長目標を明確にします。
  2. MP:マネジメントプロファイラー
    マネジメント層の個人とチームの志向性・行動特性を可視化することにより、自己理解・他者理解を深め、協創・協働を容易にすることができます。また、成長のドライバー(キャスティング)をどうすべきかが分かります。

    *IIOSSは株式会社IIOSSの診断ツールです。ライセンスパートナーとして提供しています。

オーガニゼーションプロファイラーによる組織診断の例

マネジメントプロファイラーによる診断の概要

「組織診断『IIOSS』の概要説明資料のお申し込み」