想いと認識のミスマッチ 

昔からお世話になっているクライアントで
 営業幹部を集めて年に1回の活動報告会を先週行った。
蒔いた種が各所で実り、素晴らしい会になった。

中でも私が嬉しかったことは
思い通りに社員のスタンダードを引き上げられずに苦労していたリーダーが
ブレイクスルーを実現し、その変化を語ったことであった。

他部門の人からすれば「当たり前のこと」ができたにすぎない。
要はもともとの水準が低いので、普通の事ができればレベルアップとなる

この事例発表を聞いていると
(東京)ヤクルトスワローズの監督を任された時の広岡監督の話を思い出した。

内野守備担当の私は、入団後いきなり気勢をそがれることになる。
ノックをしても難しい球には手を出そうともしない。
「しっかりしろ。気持ちを集中してやれ。やる気がないならもういい、帰れ」
というと、選手は「ありがとうございました」といって本当に帰ってしまった。

 選手に帰られては、コーチの仕事にならない。選手を集めて、
「おまえら勝ちたいと思わないのか」というと、「勝ちたい」と声をそろえる。
「勝つといっても、日本チャンピオンにならないと歴史に残らんぞ。
 日本一になりたいか」というと、また「なりたい」と声をそろえた。

出典:日本経済新聞 『私の履歴書』

 

「勝ちたい」という想いと「何をすべきか」という認識のミスマッチである。
問題を問題と認識できないのだから解決に向けた行動は起きない。

そのリーダーは語る。
「一人なら周りの人間からも話をさせればよい。
 二人なら少し難しくなるが、何とかなる。
 しかし、それが3人4人となると、なかなか変えるのが難しい」

具体的な成功のポイントは
・個に焦点が当たる環境を作ること
・強制的に第一歩を踏み出させること
・マネージャーが何度も現場でやってみせること
・小さな成功を承認すること
といったことだが、
マネージの基本通り地道な活動を続けられていた成果である。

華々しい成功事例の脇で、小さな成長の事例かもしれないが、
今年はAクラスで優勝争いができるチームに育っている。
今年の成果に期待したい。

そして、そのような現実が社内に存在することを認め、
リーダーの取り組みを評価された経営者も素晴らしかった。
リーダーは発表前に「こんなレベルの低い話をしてよいものか?」と迷っていた。
しかし、認められたことで、今まで以上に高みを目指して挑戦するであろう。

一流と二流の違いは紙一重
自分自身の仕事の水準は超一流からすればまだまだかもしれない。

SNSでフォローする