マタイの教え

「マタイ効果」って聞いたことありますか?
(前回のブログに書いたことに関連するので書いてみます)
最初に一歩リードすることで、その後継続的に恩恵を受けることができる
ということがあるようです。

これをよく表しているのが、
「プロスポーツ選手の生れ月」です。

例えば、日本のプロ野球選手の誕生月は
1950年~2007年の統計をとると

4月615人
5月569人
6月517人
7月555人
8月506人
9月447人
10月404人
11月325人
12月303人
1月360人
2月300人
3月251人
となるようです。

明らかに早生まれ(1月~3月生まれ)が少ない。

その原因は皆さんの想像の通りです。
同じ学年の中で月齢が早いと、
リトルリーグなどで活躍できるチャンスが大きく、
監督からは誉められ、ますます頑張れるでしょうし、
その後もスポーツ推薦で良い環境でプレーし、
ドラフトでも目に留まり次のステージに進んでいけるのです。

他のスポーツ界でも同じ現象が起きています。
学年が1月で切り替わるカナダでは
1月~3月生まれのアイスホッケー選手が多くなっています。
大リーガーに8月生まれが多いのも、制度の影響です。

音楽の世界
グルメの世界
お金の世界
オタクの世界。。。
どんな世界にもありそうですね。

世の中には何らかの制度が必要ですし、
全ての人は平等ではないというのが真理のようです。
そういうことを分かった上で人生を楽しめば良いのです。
(上の数字からは「そのハンデを乗り越えて成功している人も沢山いる」とも言えます)

多くの組織で変革プロジェクトを実施した経験から言うと
「マネジメントの視点」を早期に学ぶことでチャンスが広がります。
若い頃から「どうすれば人を動かすことができるのか」というテーマを
探求している人が非常に少ない分、チャンスは多くあります

自ら人を動かす機会を作り、人を動かす腕を磨き、
 その腕を見出され、
活躍の場を広げていく
ということは意図的にできます。

 マネジメントとは
「人を通じて物事を成すこと」です。
「知識を具現化すること」です。

人を動かすには何が必要か?
知識を具現化するためにはどうすれば良いか?
人間や歴史を学ぶことが必要です。
周りの人の知見を取り入れることが役立ちます。

自分の人生を眺めた時に、
「今から学んでおくと良いこと」は
インプットとアウトプットを繰り返していきましょう。

 「誰でも、持っている人は更に与えられて豊かになるが、
 持っていない人は持っているものまでも取り上げられる
 (マタイによる福音書25・29)」

SNSでフォローする