常駐型 変革マネジメント

【導入の目的】
 『具体的に計測できる成果創出』
 『自律的に問題解決をする仕組みの構築』
 『変革マインドの浸透』
 『変革リーダーの育成』

変革マネジメントは下記の4つのフェーズに大別されます。業界特性や組織文化により変革の力点は変わってきますが、必要な手順は変わりません。3~6か月の間に12ステップの実践を通じて、組織の潜在能力を引き出します。週に3日~5日の常駐体制を取り、高頻度の問題解決ミーティングを実施することで、変革の障壁を早期に除去するだけでなく、変革マインドの浸透を支援します。

SNSでフォローする