人材育成をスタートする際に考えて欲しいこと(1/3)

新年あけましておめでとうございます。
フレッシュな気持ちで仕事を開始されていることと思います。
どのような1年にしたいか、それぞれの思いでスタートされていると思いますが、
人材の育成がテーマになってきている人も多いかと思います。
そこで、今回は育成の出発点をそうすれば良いか、一緒に考えてみたいと思います。

深める楽しさ

大人の育成と子供の育成は少し条件が違いますが、通じる部分もありますので
「子供の育成」の話を少し紹介してみたいと思います。
京都大学の後輩で、小中学生向けの教育ベンチャーに挑戦している人がいます。
知識詰め込み型の教育ではなく、探究心を養う教育を提供し、
新たな価値を生み出していける人間を育てたいという目論見です。
(参考:a.school http://aschool.co.jp) 
その教育方法を一つあげてみます。 漢字を学ばせる際に、
「街中に出歩いて最も難しい漢字を発見してくる」ゲームをします。
そして、発見してきた漢字が、どういう意味なのか、
どういう文脈で使われているのかを調べます。
その上で「身近にあるものを自分で好きな漢字にしてみる」ワークをしたりすると、
漢字ドリルをするよりも、漢字の成り立ちや構造に興味を持ち、
深く理解できるということです。
そうやって探求する楽しさを感じられるようになってきたら、
自分の関心のあることを自由研究させる段階に入ります。
ある少年は、「武将の死に様」が好きで、戦国武将の死に様を研究していたり、
ある少女は「数学の公式」が好きで、最も美しい公式を探求しているそうです。

 
好きなことを徹底的に深めることは本来楽しいことです。
皆さんも子供のころ、昆虫が好きだったり、ファッションが好きだったり、
何かに深くはまった経験はないでしょうか?
しかし、その好きなことだけを追求して、社会で生きていける人は稀です。
大学で好きな研究をするためには、受験を通過しないといけなかったり、
職場で自由に仕事をするためには、下積みが必要だったりします。
その際により大事になるのが、
「好きなことを深める」力ではなく、「やっていることを好きになる」力です。
組織において、それぞれが「やりたい仕事」ばかり遂行していても成り立ちません。
「やりたい仕事」と「やるべき仕事」は必ずしも一致しないからです。
つまり、「(元々やりたい仕事ではなかったが)やるべき仕事」を
いかに深く楽しく遂行できるか、
そういう力を高めることが組織においては大事だということです。

(つづく)
———————————————-
ペネトラ・コンサルティング株式会社
代表取締役 安澤武郎
公式サイト:http://penetra.jp/
お問合せ: info@penetra.jp
著書:『壁をうち破る方法』はこちら

———————————————-

SNSでフォローする