機会を創る

最近、素晴らしい言葉だなと改めて思っているのは
自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ
というリクルートの旧・社訓です。
自分の身に置き換えて考えやすく、行動指針として素晴らしいと思います。

GWに入り、久々に釣りに行きました。
銭洲という漁場に行ったのですが、
「銭になる魚が沢山いる」ことから名付けられた場所で、高級魚が沢山います。
伊豆半島の土肥から出船し、4時間くらいで到着するのですが、
今までに釣ったことのない魚と巡り合うことにドキドキしました。 

それだけ魚影の濃い場所で釣りをすると、多くの魚を釣ることができます。
そうして多くの経験値を積むと、釣りがどんどん楽しくなって上達していきます。
これって「良い機会」だと思いませんか?
釣り好きなら「皆行けば良いのに」と思うかもしれません。
しかし、そこに辿り着くにはいくつかの条件があると思います。

まず、そこに行くには「連れて行ってくれる人がいると早い」ということです。
いきなり飛び込みでもよいかもしれませんが、
何を用意し、どんな準備をして、どんな釣りをするのか
熟練者から教わると早いのです。

 もう一つあげると、「投資をする」ことが必要でしょう。
この釣場では、少なからず良い道具を揃えないと戦えないので、
それなりの投資をするのですが、そこで断念している人には機会は得られません。
いかに投資を少なくリターンを多くするのかも考えるべきでしょうが、
ノーリスク、投資なしで成功することはありません。

投資をすると、継続して取り組む動機づけにもなります。
この釣りも一度行って満足であれば、
その先のステージに進むことはできません。
仲間を集めて、継続的に活動するチームを作ったり、
自らが変わるまで続けるための環境を整えたりすべきです。

そう考えると、自らに機会を与えるポイントは三つ上げられます。

①『密度の濃い時間が得られる場を選ぶこと
今、密度の濃い時間を過ごせる場にいるでしょうか?
これは「忙しくする」ということではなく、
ある物事に対して、「
熟慮し、実践し、結果から学びを得る高速サイクル」
が回っているということです。

自分が集中すべきことに集中できていないときは
他の仕事を減らす工夫が必要だったりします。
同じ境遇の仲間を集うと、密度を高めることもできます。
密度の高め方に一工夫できることはないでしょうか?

②『自分より先を進んでいる人から学ぶこと
俗にいう「メンター」を得ることです。
「上の人脈」と言ってもよいかと思います。
いくら密度が濃いと思っていても、
素人集団の中での自己満足では話になりません。
一流の人から学ばないと一流にはなれません。

「この人は!」と思う人がいたら、
教えを請えばよいのです。
社内にも社外でも良いのですが、そういう存在はいるでしょうか?

③『必要なものには思い切って投資をすること』 
最後に『投資をする』というのは
単に金銭的な投資だけにとどまりません。
時間の投資も大切です。

何かにお金や時間を投入するという事は
別のものに対する投資を減らすことになっています。
必要なものに投資をすることができているでしょうか?

SNSでフォローする