異論との接し方

ソチ・オリンピックが盛り上がりましたね。
真央ちゃんの演技に感動した方も多かったのではないでしょうか?

その真央ちゃんについて、
フィギュアのルールがキム・ヨナ有利になっている。
 IOCが韓国に買収されているので、
 日本陣営も頑張って真央ちゃん有利にルール改正を要求すべきだ」という意見と、

フィギュアは採点よりも本来の美しさを追求するべきだ。
 そもそも採点は公平だ」という意見があります。

どちらが正しいと思うかは、個人の自由なのですが、
『自分と違う意見を持つ人と、どのように分かりあっていくか』
ということは、ビジネスで活躍する上では必須のスキルです。

日常の会議の中でも意見が違うことがあると思います。
その際のヒントになるように、『異論との接し方』のコツを紹介してみます。
 

まず、「結論(意見)が違う」という事を分けて考えてみましょう。
結論に至るプロセスを考えれば、
持っている「情報(事実)」が違うか、
   その「解釈(判断)」が違うということです。
どこが違っているのかを明らかにすることで、軌道修正をしやすくなります。

 

結論だけを戦わせても、持っている情報が違ったままだと
合意には至ることができません。
(合意に至ったようにみえても、相手は納得していません)

 真っ向から結論を否定するのではなく、
「なぜそう考えているのか?」ということをヒアリングし、
「持っている情報が違うのか」「その解釈が違うのか」
「それは何故なのか?」を意見交換していきます。

この意見交換のコツを5つあげてみます。
「なぜなぜ質問」は腕前が上がる前に家庭で使用すると、
家庭不和を招くリスクが高いですので、
なるべく家庭でも試せるようにと考えてみました。
是非、参考にして頂ければと思います。

 

     フラットに聞く(自分の意見を正解と決めつけて聞かない)
     事実を明らかにする(「伝聞」「主観」と区別する)
     思考の枠組みを変える
     相手に議論を纏めてもらう
     「テスト」にする

 ①フラットに聞く
 まず、「自分の意見を正解と決めつけて聞かない」ことが大事です。
自分が持っていない事実を相手が持っているかもしれない。
人間なので自分にも偏見があるかもしれない。そういう前提で、
「意見交換をした結果、相手の意見の方を採択すべきかもしれない」と
いうフラットな状態に自分を置くことです。

そうしないと、相手の意見を大事にしているように見えて、
ただ相手の意見を否定するためのヒアリングになってしまいます。
ここで難しいのは、相手が感情的になったり、
持論を押し付けようとしてきた場合です。
相手が感情的になると人間は反応してしまいます。
その場の議論に勝ちたくなってしまうのです。

それを緩和する方法には、
「相手と向き合わず、テーブルの上に意見を並べて、
その意見に向き合う」ということがあります。
資料を机に置いて目線を机に向けるだけでも、
感情的な問題は軽減されます。
健全な議論にならない時は、
是非、ひと工夫を凝らして頂きたいと思います

②事実を明らかにする(「伝聞」「主観」と区別する)。
主観を事実と混同することで、結論が変わっていることがあります。
特に人間を扱う問題の場合は、
「その人がどう考えているのか?」という事に関して、この混同が起きます。
営業担当者が「お客さんはこういう意見を持っている」と主張しても、
単なる担当者の主観のことがあります。

人が何か行動をすれば、「行動をした」ことは「事実」です。
人が何かを発言したときには、「発言をした」という「事実」はありますが、
発言の内容が真実かどうかは分かりません。
その内容は「この人がこう言っていた」という「伝聞」として共有すべきです。
そして、それらの「事実」や「伝聞」情報から、
「この人はこう考えているはずだ」と自分が解釈したことは「主観」です。

 
言葉だけで解説すると分かりにくいですので、事例で説明してみましょう。

【事例:新商品を顧客に提案した結果を部下がマネジャーに報告する場面】
担当者の報告「お客さんは新しいものに興味がありません」
と報告があったとします。でも、これは主観ですね。

マネジャー「お客さんは何と言っていた?」
担当者「『別に今の仕様で問題ない』と言っていました」
『』内の顧客の発言が伝聞情報ですね。

マネジャー「どんなやりとりをした?」
担当者⇒ 面談のやり取りを再現する。

ここまで聞けば、PRが足りなかったから「問題ない」と言われたのか、
本当に取りつくしまがなかったのかを判断していけます。
実際には、同じセリフでも「どんな伝え方をしたか」、
口調や表情が影響しますので、現場に立ち会わないと分からないのかもしれませんが、
担当者の解釈を修正するヒントは増えます。
事実が分からなければ、「見に行こう」「聞きに行こう」
と行動を起こすきっかけになります。 

SNSでフォローする